令和2年2月19日(水)

 

3月8日「1万人デモ行進」決行に伴う当会の基本方針

―新型コロナウイルスについて―

 

習近平国賓招聘反対国民総決起大会実行委員会

会長 中村 功

 

 

 ここ2、3日、東京マラソンの中止とか、2月23日の皇居一般参賀の中止
などのニュースが報じられたため、一部の方から「3月8日のデモ行進は中止
になるのでしょうか」とのご心配の声が寄せられます。
 そこで3月8日は予定通り行ないますが、それにつきまして当会の基本方針
をお伝えさせていただきます。


■理由1、インフルエンザの主な感染は「室内」
 

 そもそもインフルエンザの感染はすべてと言っていいほど「室内感染」であ
り、今日の新型コロナウイルスの場合も一番人数の多かった横浜のクルーズ船
をはじめ、東京の屋形船、または和歌山の済生会病院の例もすべて「室内感染」
で、「屋外感染」の例は一つもありません。
 医学的にもウイルス菌は野外では2~3時間ほどで死滅すると言われ、密室
こそ主な感染ルートであり、企業が100人以上の会議を禁止するのも、そう
した理由からなのです。
 野外行事で中止するのは官僚の責任逃れの臆病か保身からきているのではな
いでしょうか。もし「屋外感染」の危険性があるとすれば、日本中誰もが外へ
出られなくなってしまいます。用心に越したことはありませんが、必要以上に
恐れることはないでしょう。

 

■理由2、デモの主旨は「習近平訪日反対」にあらず、「国賓招聘反対」。
 

 デモの本来の主旨は「習近平主席の来日に反対」するものではなく、安倍総
理に対し「習近平主席を『国賓』として招いてはならない」と訴えるものです。
「国賓」として招くという誤ちを政府が修正しないかぎり、このデモの必要性
は1ミリも無くなりません。
 中国の全人代延期のニュースが流れても「日本から延期を求めることは想定
していない」(菅官房長官)と政府の見解が報道されています。
安倍総理は習近平主席を「国賓」として招聘するため、中国人の入国禁止の
決断ができなかったとすれば、安倍総理のウィルス対策の落ち度は習近平主席
を「国賓」として招いたことにあります。そのことに対する反省は、微塵も感
じられません。
 3月8日の「1万人デモ行進」は、何としても成功させなければご迷惑をか
けた外国の方々にも申し訳が立ちません。これまで参加を予定されていた方々、
友人知人をお誘いくださった皆様は、「来日反対!」ではなく【国賓招聘反対!】
といった趣旨と、その必要性を改めてご認識いただきまして、さらなるお声掛
けをお願いいたします。

  • Facebook Social Icon

習近平国賓招聘反対国民運動の会

連絡先 TEL:03-5246-4750 FAX:03-5246-4754